ブログ

天草プレミアムポーク通販サイト

直火焼き豚のつくり方~焼き豚の命運を握る「つけダレ」~

直火で仕上げた焼き豚の表面の食感。
嚙んだ時のジューシーさ。
本格的な直火焼き豚の味わいは、格別です!
その秘訣は「タレ」。たれが命運を握っています!

ここでは、そんな焼き豚の「タレ」のつくり方をご紹介していきましょう。


【つけダレの基本配合】
※焼き豚5kgを作る場合のつけダレの配合となっています。

・醤油/4000ミリリットル
・水/4000ミリリットル
・砂糖/1kg
・みりん/500ミリリットル
・リンゴ/1個
・ショウガ/1個
・ガーリック/1個
・だし昆布/2枚

【タレのつくり方】
① リンゴ、ショウガ、ガーリックはスライスし
  だし昆布は短めに切り、それらをさらし布袋に入れます。

② 鍋の中にほかの材料をすべて入れ、さらし布袋も入れて火にかけ加熱していきます。

③ 80℃になると火を止め、粗熱をとります。

④ 冷蔵庫で冷却し、1週間熟成させます。


熟成させないで使用すると、たれの味はバラバラでまとまりのない味に仕上がってしまいます。
常時、たれを使うときは、継ぎ足しをおこなうと、あなたの家の「秘伝の味」になりますよ!

このタレは、焼き豚だけでなく、焼肉にも活用できますし、ご飯にかけてもイケます。
幅広い用途に使用できますので、ぜひ一度お試しください!

美味しい豚ロース・ブランド豚をお求めなら天草ロザリオファームへ!
柔らかさ、まろやかでほのかな甘み、ジューシーさを兼ね備えた美味しい豚肉です。
ロース、バラ、肩ロースなど人気部位を
皆様のご家庭に提供できるように通販でもご用意いたしました。是非ご賞味ください。

お問い合わせはこちらから









詳細はこちら

疲労回復や美容に効果的!豚ロース肉の美味しい食べ方

豚ロース肉は、ちょうど「背中」に当たる部分の肉です。
肉質は柔らかく、切り身の周囲にはコクのある脂身がつき
「豚肉のうまみを味わうなら豚ロース!」という方もおられることでしょう。
揚げたてジューシーな「とんかつ」は、豚ロース料理の定番中の定番といえます。

しかし、気を付けておきたいのは、その「脂肪分」の摂り方。
豚ロース肉を美味しく、そして健康バランスを考えながら食べるには
適度に脂肪を落として食べるのも方法のひとつです。

そんなときのメニューにお勧めなのが「ポークソテー」です。
これならば、加熱によって脂を落とすことができ
お肉の旨味とコクはそのままに、よりヘルシーに食べることができますよ。


ロース肉は筋切りをして、塩・コショウ・ニンニク汁で味をつけます。
つぎに、豚ロースは脂身を十分に切り取り、植物油でしっかりと両面を焼きましょう。
この時、ポン酢やフルーツソースなどの酸味のあるソースにつけて食べると
脂肪やたんぱく質の消化を、さらに促進してくれます。


「天草ロザリオファーム株式会社」では
こだわりの熊本県産豚ロースを通販でお届けしています!
自社で真心こめて育てた豚のみを100%使用し、天草の水と餌にはこだわりアリ。
凝縮したうま味をお楽しみいただけます。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

長寿の秘訣は「肉」にあり!

日本の食の欧米化といわれるようになって久しい昨今ですが
今後も、肉の消費量が伸びるのは、データから見てもうかがうことができそうです。

日本経済新聞によれば、世帯主が65歳以上の家庭の肉類購入額は
ここ10年程度で16.7%増加したとあり
64歳以下の6.4%よりも上回ることが分かったそうです

また、栄養学会、医学界では、高齢者に「肉を食べなさい」と薦めることもあるのだそう。
日本食は、日本人の長寿に大いに貢献してきましたが
健康でさらに長生きするためには、「肉」も重要だということでしょうか。

「赤身肉はミネラルをバランスよく含み、特に鉄分が豊富。」

「鉄分は、たんぱく質と一緒に摂ると、吸収率は高くなる。」

「肉は9種類のアミノ酸(必須アミノ酸)を多く含んだ良質のたんぱく資源。」

「良質なたんぱく質の摂取は、血管を丈夫に、しなやかにするため、動脈硬化の予防になる。」

「体に抵抗力がつき、元気なカラダを作るもとになる。」

餌や環境、健康管理を行うのは他ならぬ農場のスタッフです。
豚への知識、愛情がなければ良い豚、美味しい豚肉にすることはできません。
天草ロザリオファームのスタッフは、正しい知識とたっぷりの愛情で豚を育て上げています!

お問い合わせはこちらから







詳細はこちら

豚肉は日本の食肉第1位です!

皆さんは、「豚肉は日本の食肉第1位」だという事実を知っているでしょうか?

豚肉は、おいしさはもちろん、値段も手頃で、その上ビタミンB1をはじめ栄養的にも優れています。

今回は豚肉の品種について解説したいと思います。興味がある方は、ぜひ読んでみてくださいね!

 

世界で現存する豚の品種は約100種だと言われています。そのうち肉専用に飼育されているのは30種ほどです。

日本で飼育されている純粋品種はランドレース、大ヨークシャー、デュロック、バーク シャー、ハンプシャー、中ヨークシャーなどですが、食卓にのぼる豚肉はこれらの純粋種を掛け合わせた雑種がほとんどです。

日本の肉質は著しく向上しており、世界的にも大きな注目を集めています。肉質が著しく向上した豚肉は、日本では食肉消費量の第1位です。

良質なたんぱく質 や脂質、ビタミン、ミネラルをバランスよく含んでいる豚肉。病気を予防するさまざまな生理 活性物質が含まれている豚肉。私たちは良質な豚肉を熊本の自然の中でじっくりと育んでいます。

 

通販ショッピングで豚肉を取り扱っている天草ロザリオファームでは、質の高い豚肉を全国発送しています。

贈り物としてだけでなく通常のお買い物として当社のネットショッピングでご利用いただくことも可能です。

肩ロースやロース・バラ、ベーコンなどお好みでお選びいただけます。他にもみそ豚やとんかつもございます。

美味しい豚肉を食べたい方、ぜひ天草ロザリオファームの豚肉を試してみてください!

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

豚肉に多く含まれるビタミンB1の効果とは?

私たち天草ロザリオファーム株式会社は、熊本天草の広大な自然の中で美味しいブレンド豚を育んでいます。当社では全国に豚肉や加工品の発送を行っておりますので、日本全国どこでも美味しい豚肉を楽しんでいただけます。

皆さんは豚肉がビタミンB1が豊富に含まれていることを知っているでしょうか?

今回の記事では、ビタミンB1の知られざる効果について紹介したいと思います。興味がある方はぜひ読んでみてくださいね!

 

豚肉はビタミンB群が豊富で、特にビタミンB1は100gあたりに含まれる量があらゆる食品の中でトップクラスです。

ビタミンB1は、糖質を体内で燃やしエネルギーへと変えるために不可欠な栄養素です。疲れやすい・太りやすいといった場合には、ビタミンB1が不足し、エネルギー代謝が低下しているかもしれません。

豚肉100gあたりの部位ごとのビタミンB1含有量は以下のとおりです。

  • 豚ヒレ肉:0.98mg
  • 豚モモ肉:0.9mg
  • 豚ロース肉:0.69mg
  • 豚バラ肉:0.54g

 

ビタミンB1は体内に貯めることができないため、毎日の食事に積極的に取り入れていきましょう。

 

熊本県天草市にある天草ロザリオファームです。
美味しい豚肉の通販・お取り寄せをご検討中であれば是非一度天草プレミアムポークをお試しください。
肩ロースやロース・バラ、ベーコンなどお好みでお選びいただけます。他にもみそ豚やとんかつもございます。ぜひご賞味ください!

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

メニューを開く